ドッグトレーナーと訓練士の違いとは?必要な資格も紹介

ドッグトレーナーと訓練士は、違いがあることをご存知でしょうか?
実は大きな違いがあり、どんな職業なのかしっかり理解している方って少ないんです。
そこで今回は、ドッグトレーナーと訓練士の違いについて解説していきますね。

ドッグトレーナーと訓練士の違い

ドッグトレーナーと訓練士の違いは、何を目的にしているかです。

ドッグトレーナー

ドッグトレーナーは、主に「犬のしつけ」を目的に指導をする職業です
具体的には、人と一緒に生活するうえでのさまざまなマナーのトレーニングを行います。

・トイレ
・散歩
・噛みつき
・待て・お座り
など

また飼い主さんの言うことを守れるように、基本的な指導を行います。

訓練士

訓練士とは「訓練」を目的に行う職業です。
主に、警察犬や盲導犬・介助犬・麻薬探知犬・災害救助犬などの使役犬と呼ばれる犬を育てます。
そのため仕事をしっかりと覚えられるまで訓練をするので、しつけとは全く異なる指導方法なんです。
大きな特徴としては、上司関係を築く必要があるということでしょう。

必要な資格

訓練士になるためには資格が必要ですが、ドッグトレーナーになるためには特別な資格は必要ありません。
しかし資格を取得していることで信用性に繋がりますので、保有していると有利でしょう

ドッグトレーナー

ドッグトレーナーになるためには、以下の資格取得を目指しましょう。

・日本ドッグトレーナー協会の公認資格(ドッグトレーナーライセンス)
・日本ペットドッグトレーナーズ協会の公認資格(CPDT)

訓練士

訓練士になるためには、以下の資格取得を目指しましょう。

・公益社団法人日本警察犬協会が定める公認資格

また特殊な仕事を訓練する場合、以下の条件を満たす必要があります。

・警察犬訓練士:公務員試験に合格した警察官
・麻薬探知犬訓練士:税関職員

ペットに関する知識を習得することができるため、ドッグトレーナーと訓練士どちらも愛玩動物飼養管理士の資格取得をおすすめします。
資格を取得していることで、活躍できる幅が広がりますよ。

ドッグトレーナーや訓練士に向いてる人

「ドッグトレーナーと訓練士のどっちが向いてるのか?」と思う方もいらっしゃると思います。
ペットと一緒に楽しく過ごせるために指導したい方は、ドッグトレーナーがおすすめです。
一方で使役犬のように人命を守るような仕事を訓練したい方は、訓練士がおすすめと言えるでしょう。

どちらにも共通する点としては「犬など動物が好き」ということです。
また犬は話すことが難しいので意思の疎通など、根気強く接することができる人が向いている職業と言えます。
犬との絆を育み、人間社会を支えてくれる重要な職業なんですよ。

役立つペット関連情報

神奈川県

株式会社わんわんスタイルANNE

カットの上手な厚木 トリミングサロンをお探しの方におすすめなのが「株式会社わんわんスタイルANNE」です。

腕の確かなトリマーさんが、細かい箇所までこだわりながらトリミングしてくれますし、肛門腺絞りや爪切りなどのオプションメニューもありますので、大切なワンちゃんのトータルケアをお願いしたい方にもぴったりです。

お客様からも信頼の厚いサロンですので、厚木でワンちゃん専用のトリミングサロンをお探しの方は是非ご利用ください。

〚アクセス情報〗

◎店舗名◎わんわんスタイルANNE
◎住所◎神奈川県厚木市林5-2-3-102
◎電話番号◎046-295-5772
◎営業時間◎9:00~18:00
◎定休日◎水曜日
◎最寄り◎本厚木駅より車11分

まとめ

ドッグトレーナーは「しつけ」、訓練士は「使役犬の訓練」を行う職業です。
このように大きな違いがあり、仕事内容や必要な資格も異なります。
犬と人とを繋ぐことができ社会貢献をしたい方は、まずは資格取得をしてみてはいかがでしょうか。
資格を保有していることは、信用性に大きく繋がりますよ。